ブログパーツ

ジャガイモの植付け

2013/02/26(火)

さて今年もジャガイモの植付け時期がやってまいりました。

今回は定番のメークインと男爵、変わった品種枠にワセシロを選びました。
ワセシロは別に変わってるわけじゃないですが、ど定番ばかり作っても面白みが無いので選んでみました。
でも調べていくとワセシロって結構オールマイティに使えそうで結果がよければ定番になるかもしれません。
DSC15931.jpg
メークイン5キロ 男爵5キロ ワセシロ3キロを植付けていきます。

植付ける区画は今回で3連作となる前作アズキの場所
DSC15922.jpg
まだアズキの株がそのまま残っているので地上部だけを撤去して畝を作っていきます。

溝畝を作る
DSC15938.jpg
通常畝を作って溝を掘っていく感じですが、土寄せが面倒な私は溝畝を作ります。そこへ種イモを丸ごと投入。
これだけの量があるのでいちいちイモなんて切ってられないっす。まーこの方が腐らず余計な心配しなくても良いから楽チンです。


昨年の不耕起-有機草生栽培を振り返る。
・不耕起で土寄せが出来ない
→緑化イモの発生
・硬い土壌のためイモが接触
→形が歪、親イモに接触している子イモは腐敗が多かった

結局いい事なんて1つも無く、ジャガイモの不耕起栽培は趣味の範疇で楽しむレベルだと思います。
食料を作る目的であれば、耕起した方が絶対にいいですね。

それで今年の栽培方法は、有機草生 or  有機農法で栽培していく事にします。
ジャガイモに関しては、自然農法(無施肥、不耕起)では収量が少ないのと、植付け時と収穫時に相当な労力を使うので辞めました。

さて有機でやるには化学肥料が一切含まれていない肥料を用意する必要があります。ホームセンターなどに売っている肥料を見てみると、有機複合は結構売っているんです。
有機複合って何ぞや?
これは有機物質でまかないきれない養分を化成肥料で補うもの。
以前、ヰセキ有機・複合肥料550号を認識不足で勝手に有機肥料と勘違いして使ってました。
メーカーに問い合わせるとカリは化成肥料で補っていると回答があり、それからは下の写真の肥料を使っています。

有機JAS認定の肥料
DSC15949.jpg
5キロで800円 ほとんどがスポット的にしか散布しないから、使ったとしても1年に2袋くらいです。

本題に戻ります。
低位置に種イモを置いたら、軽く土を被せ肥料を投入
DSC15947.jpg

今回は牛糞ベースの堆肥と有機肥料で様子見です。
DSC15946.jpg

肥料の上に軽く土を被せて植付け終了
DSC15955.jpg
メークイン62個 男爵61個 ワセシロ25個を植付けました。

溝畝を作って植付けた理由は緑化イモを防ぐことですが、それだけではありません。溝を作れば山の部分が風化作用で勝手に崩れて、勝手に土寄せしてくれるというテキトー栽培が出来るからなのです。
この方法はサトイモで実証済みで、手間が省けて良いですよ。


栽培状況
 場所 第2圃場
栽培方法 有機
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 牛糞堆肥 有機肥料
 条件 耕起 施肥
関連記事

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓         ↓      
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ

 

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

球根用穴開け器は、今年はどうしましょうかね~。
土がフカフカになるまで出番はありませんね。

No title

たつきさん

そちらでは着々と土壌改良を行っているようで感心します。

うちのジャガイモ区画も粘土の塊がゴロゴロしてて、30センチ以上掘り進めることが出来ませんでした。
性格がテキトーなので、そんなんでも放置して栽培してますからね。

たつきさんも数年は不耕起をやめて、土壌改良に専念した方がよさそう。
記事を見ているとうちよりも厳しい環境だなと思います。
プロフィール

ムニュムニュ

Author:ムニュムニュ
ベランダ菜園、水耕栽培を経て、本格的に家庭菜園にチャレンジ!!
2013年からは有機草生栽培と自然農法を組み合わせて「採れない」から「採れる」栽培を実践していく。

人気ページランキング
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング
皆様のクリックが励みになります。

FC2Blog Ranking

カウンター
訪問者数:
閲覧者数:
お勧めアイテム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別

ページトップへ戻る