ブログパーツ

栗たん定植

2013/04/01(月)

予想外に成長が早く本葉が3~4枚展開してきたため、相当早いですが栗たんを植付けしてきました。でもなぜこんなに急いだのかというと、栗たん(TC2A)は栽培条件がシビアである事が分かったからです。
昨年は、これを知らずにテキトーに栽培していたため全く短節間にならず、ツルが4~5メートル伸びて、何が短節間かぼちゃだ!!と思ってました。それで良く良く調べると栽培条件がある事を知り、今年は短間節で結実できるようにと計画を練ってきたのです。

栗たん(TC2A)の栽培要点
・暑い時期に定植、成長させると本来の短節間の特性が出ない
・育苗期間は2週間程度
・株間は50センチ

参考資料
神奈川県における短節間セイヨウカボチャ品種'TC2A'の生育・収量特性
短節間かぼちゃ「TC2A」の栽培指針

ということで、第2圃場のかぼちゃ栽培区に定植する事にしました。ただし、神奈川県の資料は、玉ネギのの後作でトンネルを活用した栽培です。トンネルがあるから早植えが可能なだけで、黒マルチやトンネル資材を全く使わない私のやり方だと時期尚早ですね。

栗たんは他のかぼちゃと比べて成長が早すぎ。ちなみに白長や甘龍はまだ本葉1枚くらいです。
DSC16502.jpg

今作で4連作となる場所
DSC16495.jpg

DSC16497.jpg
いつもの通りスコップで20センチ四方の穴を開け、JAS有機肥料を1握り投入後、混ぜ込む。

5株定植
DSC16506.jpg

キャベツ横に3株定植
DSC16504.jpg
秋作キャベツを収穫次第、直まきで3株予定しています。

4x3.2m区画で畝幅2メートルの2条植えで12株栽培予定でしたが、1列勘違いで5株になってしまいました。なので最終的に直まき3株を合わせて11株栽培する予定で、1株最低2個で22個以上の収穫を目指します。

定植したのが3月30日で今朝の最低気温が3℃となっており、かぼちゃはウリ科の中では寒さに強い方だけど、さすがに3℃は耐えられなかったかもしれない。ひょっとすると壊滅してそうで怖い。
壊滅してたら直まきで勝負です。


栽培状況
 場所 第2圃場
栽培方法 有機草生
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 有機肥料
 条件 不起耕 4連作

関連記事

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓         ↓      
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ

 

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ムニュムニュ

Author:ムニュムニュ
ベランダ菜園、水耕栽培を経て、本格的に家庭菜園にチャレンジ!!
2013年からは有機草生栽培と自然農法を組み合わせて「採れない」から「採れる」栽培を実践していく。

人気ページランキング
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング
皆様のクリックが励みになります。

FC2Blog Ranking

カウンター
訪問者数:
閲覧者数:
お勧めアイテム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別

ページトップへ戻る