ブログパーツ

軟腐病大発生

2013/10/17(木)

ついにハクサイ(無双)で軟腐病を発生させてしまい、9株撤去しました。これだけの被害は5年やってきたけど過去最悪です。

軟腐病の症状
地際から葉が褐色に変色して強烈な腐敗臭が漂います。
DSC21517.jpg

DSC21519.jpg

DSC21520.jpg

DSC21521.jpg
一般的な原因として、窒素過多、高温多湿、風による葉の痛みなどがあります。
タキイによると『秋ハクサイでは、結球期に温暖・多雨の年は発生が多くなる。多肥栽培により植物体が軟弱に育つと発生しやすい。』とあります。

ユーカリ畑では、この条件がピッタリと当てはまってしまい大発生したと思われます。
・平畝 --- 雨水が流れ込む、泥はね
・10月上旬から30度超えの日が続いた
・9月下旬から10月初旬にかけて雨が多かった
・多めに肥料を投入して窒素過多の可能性

でも第4圃場でも同一条件なので連作がトリガーとなった可能性もあるのかな。


気を取り直して苗を補充。

ほまれ2号
DSC21647.jpg
定植時期が10月中旬までとなっていて、最後のチャンス。

肥料は控えめに
DSC21648.jpg
発病した株を綺麗に取り除き、発酵油粕だけを投入。

定植
DSC21649.jpg
発症した株の跡地へ定植しました。

軟腐病の欠株補充で8株定植
DSC21651.jpg

撤去したとは言え、いかなる土壌にも軟腐病の細菌いるため、補充したほまれ2号や残っている無双に発症する確率は高いです。発症したらもう諦めます。
台風26号が来る前に定植したので、その後が気になるところです。土曜に見に行くと全滅している可能性も!!


ハクサイ栽培状況まとめ
 場所 ユーカリ畑
 栽培方法 有機草生:無双16株→7株 富風12株 ほまれ2号8株
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 有機肥料 発酵油粕 なし 
 条件 不耕起 3連作(無双)
 場所 第4圃場
 栽培方法 有機草生:冬峠31株
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 有機肥料 発酵油粕  
 条件 不耕起
関連記事

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓         ↓      
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ

 

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ムニュムニュ

Author:ムニュムニュ
ベランダ菜園、水耕栽培を経て、本格的に家庭菜園にチャレンジ!!
2013年からは有機草生栽培と自然農法を組み合わせて「採れない」から「採れる」栽培を実践していく。

人気ページランキング
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング
皆様のクリックが励みになります。

FC2Blog Ranking

カウンター
訪問者数:
閲覧者数:
お勧めアイテム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別

ページトップへ戻る