ブログパーツ

ダイコンの収穫が始まる

2013/11/25(月)

今年は4箇所の畑でさまざまな品種のダイコンを育てていますが、F2ころ愛と耐病総太りが収穫できるサイズに育ってきました。

ユーカリ畑
F2ころ愛は、劣勢遺伝子である紫ダイコンが発現していて、11/9に収穫しています。

紫ダイコン
DSC22040.jpg
これだけ見てると全部紫かと思っていたのに...

首だけかよ
DSC22051.jpg
引き抜くと青首ならぬ紫首でした。最初は劣性遺伝だしどうでもいいかなって思ってたが、これ貴重なダイコンですね。
紫ダイコンが数本残っているので、今後は紫ダイコンの採種も行って行きます。

11/16収穫
DSC22162.jpg
左2本:F2ころ愛  右:耐病総太り
左2本は同じF2ころ愛ですが、一番左の形が正規のころ愛っぽくて、右のころ愛は、総太り系のダイコンのような形です。
耐病総太りは35センチの規定サイズで立派でした。

ダイコンの選定は、一度抜いてから形の確認→採取するものを選定→埋め直し の作業があるため、食べる分が減りそうです。

11/23収穫
DSC22274.jpg
耐病総太り35センチ

ヒゲ根跡をチェック
DSC22282.jpg
これをどう判断したら良いのか悩むところです。近似曲線を描くならほぼ真っ直ぐだし、細かく見ていくと蛇行してるし。
でも無施肥の条件だったので、苦労しながら伸びた(蛇行)と予想して、辛味が強いかもしれませんね。

センチュウは??
DSC22286.jpg
春秋連続8連作ですが、センチュウ被害は無し、綺麗な肌をしていました。
やはり秋は気温が低下してセンチュウの活動が鈍るのかな。春は被害が凄いですけど。


第3圃場

献夏青首
DSC22296.jpg

11/23収穫
DSC22301.jpg
献夏青首は成長しきれず、短根ダイコンになってしまいました。
夏型の品種は難しいですね。


ダイコン栽培状況まとめ
 場所 ユーカリ畑
 栽培方法 自然農法
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 なし なし なし
 条件 起耕 8連作 無施肥
 場所 第2圃場
 栽培方法 自然農法
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 なし なし 
 条件 耕起
 場所 第3圃場
 栽培方法 自然農法
  植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 なし なし なし
 条件 耕起 3連作 無施肥
 場所 第4圃場
 栽培方法 自然農法
  植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 なし なし
 条件 耕起 無施肥
関連記事

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓         ↓      
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ

 

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

紫首大根(笑)~

タネって、結構あるみたい?…
我が家もいつだったか、ジャンボシシトウの育描していたら、畑に植えて生り始めたらビックリ!ピーマンでした←味もピーマンでした(^。^;)まぁ好きだから良かったんですがね~
そういえば、ようやくタマネギ苗を植えました(ToT)300本位←うち、赤タマネギが50~100本。上手く育てば良いんですけど(^。^;)
あ゛~キヌサヤとスナップも種まきしなきゃ…

No title

ちえさん

この紫首は大事に育てて採種までもっていきたいです。
数本しかないので、絶対に枯らさないようにと緊張が高まります。

紫首ダイコンの種が採れたら、種欲しいですか?

F2のころ愛ってどうでしょうか?

はじめまして、今まで時々お邪魔して拝見しておりました。
私もころ愛を育てておりました。
種が無くなってがっかりしております。
しかし、後わずかですけれど残っています。

ころ愛の代わりにおむすびッシュ大根を今年は
育てています。
所でF2のころ愛ってどうなんでしょうか?
ころ愛は水分が少ない大根でしたが。
同じ要素をもった大根なのか?
とても興味があります。

No title

こんぺいとう さん

はじめまして
私も販売終了と知っていたら、種を買い占めていたと思います。それほど気に入っていましたからね。
サカタにも電話で復活して欲しいと言ったものの、復活には至ってませんので、これからも復活する事は無いでしょうね。
本当に残念です。

さてF2ころ愛に関しては、今まで水分量に注目した事がなく、その差というものが良く分かりませんでした。
食感や辛さなどはほとんど同じでしたけど。

種があるのなら、今のうちに採種してF2ころ愛を作られてはいかがですか?
なかなか面白いですよ。

おむすびッシュは昨年代替品種として栽培しましたが、代替には程遠く、F2を栽培するきっかけになりました。
プロフィール

ムニュムニュ

Author:ムニュムニュ
ベランダ菜園、水耕栽培を経て、本格的に家庭菜園にチャレンジ!!
2013年からは有機草生栽培と自然農法を組み合わせて「採れない」から「採れる」栽培を実践していく。

人気ページランキング
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング
皆様のクリックが励みになります。

FC2Blog Ranking

カウンター
訪問者数:
閲覧者数:
お勧めアイテム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別

ページトップへ戻る