ブログパーツ

栗たん好調キープ

2014/08/18(月)

2年前もここの畑で栗たんは大成功して実績のある畑です。今年もこのままいけば良品が収穫できそうで、第2圃場の不作は何だったのかってくらい順調です。
やはりカギとなるのはイネ科雑草でしょうか。第2圃場ではエノコロやメヒシバが繁茂し、匍匐性があるため過剰に育つと倒れて、ツル環境が過湿となり朽ちて枯れるというお決まりのパターンで壊滅でした。
こうなるとツルものは、自然農法や草生栽培との相性が悪いとしか思えません。もっとも毎日雑草の管理をできる人以外は自然農法は向かないなーと結論付けてみる。
来季の第2圃場での栽培では、ツルものの自然農法を辞めようと考えています。

さて、第3圃場の栗たんですが、べにはるかにまみれてるけど、ツル枯れも無く元気です。
イネ科雑草とサツマイモの違いで、ツル部分は過湿君なはずなんだけど、サツマイモ環境では全く問題ない。
ここは風が強く、強引な風通しで結果オーライなのかもしれませんけど。

第3圃場の栗たん
DSC25166.jpg
やや疲れが見え始めたか、うどんこ病が蔓延中。でもサツマイモ区画に侵入したツルは異常に元気なのでまだまだいけそうな気がする。

成熟した栗たん
DSC25169.jpg
結実から40日以上経過したもので果梗部もしっかりとコルク化して、完璧な状態で収穫。

そこからもげるか!
DSC25165.jpg
結実果を発見してから3週間ほどの実でしたが、ツルからもげてました。こうなるペポかぼちゃ並みに水っぽくマズいので困ったもんです。

今回の収穫
DSC25171.jpg
左から1キロ 1.8キロ 1.7キロ
右端の未熟果は、皮の色が薄く見た目でも未熟です。


かぼちゃ栽培状況まとめ
 場所 第2圃場
 栽培方法 有機草生
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 発酵油粕 骨粉 なし なし
 条件 不耕起 2連作
 場所 第3圃場
 栽培方法 自然農法
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 なし なし なし
 条件 起耕 無施肥
関連記事

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓         ↓      
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ

 

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちは。初めてコメントします。

つるものは確かに草が生えると刈りにくいし、難しいですね。

スイカなどは、獣害が減るので良い面もありますがね。

一つ思いついたのですが、ナギナタガヤ、てまいらず、といったリビングマルチとカボチャを組み合わせれば、草生栽培、除草いらず、というようにいきませんかね?

来年やってみようかな、と考えています。

No title

ヤスさん

コメントありがとうございます。

昔はナギナタガヤなどを導入することも考えましたが、倒れ始める時期が悪いんです。
やはりこういったものは、それ以上の草丈で育つ果樹向きなんですよねー。

ツルものは経験上、過湿に弱いからツルと同等の草丈じゃないとダメなのかなと思います。
なので、別の畑ではクローバーを全面に生やしてスイカ栽培やっていますが、雨が降るとどうしてもツル周りが過湿になり、ツルの衰えが早いです。

考えた中で最もツルもの栽培に向くのは、芝生です。
狭い面積で育てるなら一番だと思いますが、私のように広い畑となるとコスト的に無理です。

広い畑の場合、コスト的に結局行きつくところは、マルチになりますね。


ぜひとも芝生農法でツルものやってみてください。

No title

芝生だと、夏枯れせずに刈るのが大変かもしれませんね。夏枯れの品種もあるんですかね?

クローバーも、夏に繁茂してしまうわけで、やはり過湿となるんですね。なるほど。

となると、3月まきの草丈が低く、倒伏の速い百万石というリビングマルチなら行けるかもしれませんね。

株元は厚く草マルチで初期の草負けを防ぎ、倒伏後につるが伸びる所に種まきすれば、除草の手間も省けるように思います。

まぁ、やってみないとわからないですから何とも言えないんですが(^_^;)

No title

夏枯れする品種は多々ありますよ。
でも夏枯れしてしまうと、復活が難しいので夏芝でいいんじゃないかと。
夏芝も放置しても草丈が20センチ程度で、且つ葉が細いのでツルの過湿にはならないと思います。

まっやってみないと分かりませんが。

リビングマルチは草丈が高いので、草のコントロールが大変かなーと思います。
プロフィール

ムニュムニュ

Author:ムニュムニュ
ベランダ菜園、水耕栽培を経て、本格的に家庭菜園にチャレンジ!!
2013年からは有機草生栽培と自然農法を組み合わせて「採れない」から「採れる」栽培を実践していく。

人気ページランキング
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング
皆様のクリックが励みになります。

FC2Blog Ranking

カウンター
訪問者数:
閲覧者数:
お勧めアイテム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別

ページトップへ戻る