ブログパーツ

ハクサイ裂球

2015/12/24(木)

冷え込みが強くなってきてハクサイの外葉がめくれる季節となりました。
こうなるとどこの区画も外葉を縛って結束をやり始めます。でも経験上結束すると外葉が腐り、内部へと腐敗が進行していくので、今作はそのまま放置することにしようと思います。

第3圃場

無双区画の様子
DSC28664.jpg
外葉がめくれてく白い葉がむき出しになってきています。

今回の収穫
DSC28676.jpg
出荷用 左:3.5キロ 右:4.8キロ
知人が買うからと依頼してきた出荷用のハクサイです。いざお金が絡むと心配でしょうがないです。幸い無双はほとんどアオムシが来なかったのですごく綺麗ではあるけど、切って中見たらアオムシが!!てなことになると大変ですからね。

割れハクサイ
DSC28681.jpg
左:2.8キロ 右:4.2キロ
いずれも裂球のハクサイです。

裂球
DSC28678.jpg
雨が多くて水分を一気に吸ったから割れたのか??? ハクサイがこんなことになるのは初めてだ!

12/12収穫分
DSC28626.jpg
左:2.3キロ 右:4.8キロ


第4圃場

冬峠区画の様子
DSC28587.jpg
こちらも外葉がだいぶ開いています。

12/12収穫分
DSC28608.jpg
2.2キロ


栽培状況まとめ
 場所 第3圃場  無双16株 紫奏子1株
 栽培方法 有機草生
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 発酵油粕 なし なし
 条件 不起耕
 場所 第4圃場  冬峠
 栽培方法 有機草生
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 発酵油粕 なし なし
 条件 不起耕 アブラナ科3連作
関連記事

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓         ↓      
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ

 

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ムニュムニュ

Author:ムニュムニュ
ベランダ菜園、水耕栽培を経て、本格的に家庭菜園にチャレンジ!!
2013年からは有機草生栽培と自然農法を組み合わせて「採れない」から「採れる」栽培を実践していく。

人気ページランキング
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング
皆様のクリックが励みになります。

FC2Blog Ranking

カウンター
訪問者数:
閲覧者数:
お勧めアイテム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別

ページトップへ戻る