ブログパーツ

ハクサイの収穫は続く

2016/01/26(火)

1月に入ると極端にハクサイが傷みはじめます。頭頂部の中は軽く腐敗してるので、12月中に収穫してしまうのがベストですな。

ハクサイ区画の様子
DSC28777.jpg
外葉はフリーズドライ状態です。

今回の収穫
DSC28794.jpg
2.1キロ

1/9収穫分
DSC28725.jpg
左:1.4キロ 右:1.5キロ

1/16収穫分
DSC28772.jpg
左:1.2キロ 右:1.2キロ


栽培状況まとめ
 場所 第3圃場  無双16株 紫奏子1株
 栽培方法 有機草生
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 発酵油粕 なし なし
 条件 不起耕
 場所 第4圃場  冬峠
 栽培方法 有機草生
 植付け時 成長期 収穫期
 投入資材 発酵油粕 なし なし
 条件 不起耕 アブラナ科3連作
関連記事

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓         ↓      
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ

 

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

初めまして。

立派な白菜に育ってますねぇ。
うちはほとんど結球してくれませんでした。
葉ものを無肥料で栽培するのは難しいです。

No title

ひ辻さん

初めまして。
私も昔は無施肥で何でも作れると夢を追いかけてきた時期もありました。
今では作れるものと作れないものがあると悟りましたよ。
人工的に作られている品種などは無施肥ではまともに育ちません。
また肥沃な土地での栽培が前提になっている作物も無理ですね。

自然農法で育てられる野菜
http://fieldfellow.blog75.fc2.com/blog-entry-1351.html

だから今では、植物系の肥料(発行油粕)のみを用いて栽培しており、全てにおいて成功しています。
とは言っても初期のみ入れて収穫するまで追肥はしない(一部作物は除く)栽培方法です。

自然農法でよく見るのは、森の木は肥料が無くても育っている。
⇒野菜も無施肥で育つはずだ。(これは間違い)

森の木と野菜を比較してはいけません。
木は数十年~数百数千の生育スパン
野菜は最長でも数か月の生育スパン

木は微量な養分でも光合成全開で何とか育ちます。でも野菜は数か月で生涯を終えるため生育スピードが最も大切です。日本には四季もあるから生育適温時に一気に育て上げる必要もあります。
まだいろんな意見がありますが長くなるのでこれくらいにしておきます。


いろいろなことを考えると最低限の肥料は必須でしょうね。
野菜の原種であれば無施肥でも育つと思います。


私の経験を参考にしていただければ幸いです。

No title

アドバイスありがとうございます。

うちの親も畑をやっていまして最低限の肥料と無農薬で栽培しています。
元肥を仕込めばうまく行くのは畑を始める前の段階でわかっていたことなので、
私はあくまで無肥料で栽培するのが前提です。

これまで失敗だらけの中で試行錯誤を続けてきた結論としましては、
すべては土作り次第ということですね。
森の土は肥料よりも肥沃なので当然木は大きく育ちます。
腐葉土と同じような状態を畑で再現するのが自然農法の理想かなと思っています。
雑草が肥料無しで育つということは野菜も可能なのではということですね。

お互い目指すところに向かって頑張りましょう。
プロフィール

ムニュムニュ

Author:ムニュムニュ
ベランダ菜園、水耕栽培を経て、本格的に家庭菜園にチャレンジ!!
2013年からは有機草生栽培と自然農法を組み合わせて「採れない」から「採れる」栽培を実践していく。

人気ページランキング
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング
皆様のクリックが励みになります。

FC2Blog Ranking

カウンター
訪問者数:
閲覧者数:
お勧めアイテム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別

ページトップへ戻る